スポンサーサイト

  • 2012.09.18 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


S&W M15 コンバットマスターピース4インチ

 死神島シリーズ第二弾!







あまり日本人には馴染はないけど実はちょい役的には映画でもよく出てくるS&W M15 38口径です。
形を見ると同社のM19 コンバットマグナムに似てますが、正しくはM10にターゲットサイトとアジャスタブルサイトをつけただけのものでバレルも本当はテーパーバレルです。38口径で357は撃てません。


元々はM10をターゲット射撃用にした6インチバレルのM14をベースに4インチにしたのがM15で、あまりはっきりとは覚えてませんが1950年代にはもうありました。M19より古いワケですねw
M10はミリポリ用として優秀なリボルバーだけど固定式のサイトはやや狙いづらいということもあり、1960年代から90年代初めまで多くのアメリカの公用機関(主に制服警官)に愛用された銃です。

まぁ、そういうことでこの銃が死神島の秘密アメリカ施設のロッカーの中に眠っていたンですけどねw
本当はM10を使うかコルト・オフィシャルポリスにするか悩んだンですが、順当に考えればM10のほうがありえる……だけどここに大きな問題がw サクラが大の「S&WM10大好き」なのでM10だとサクラが専有してしまうので、ちょっとひねってM15となりました。実際M15は米軍のMPや2インチモデルがエアフォース・モデルとして戦闘機乗りの非常用脱出用に一部採用されているので強ち間違った選択ではない……と思いますw


S&WのKフレーム、38口径は初心者・女子供でも扱いやすいので悪い選択ではないと思います。
実際この銃は作中サクラや拓ちんでなく銃初心者の日本人たちが使います。

ちなみにあまり知られてませんが、日本人の民間人のごくごく一部の人間はこのM15を所持してたりするんですよ。ノーマルの銃で行われる射撃競技用で、38口径以下の銃を仕様する競技用として使われています。競技者の多くは現役警察官ですが、一般人もいます。もっとも持ち歩いたり自宅には置けず、保管場所はもよりの警察か指定射撃場(警察関係施設)ですが。そして確か拳銃競技射撃の一般人枠は49人(だったかな? つまり一都道府県に一人)と決まっていて上が抜けない限り新しくそのなかに入れないので本当にごくごく一部の人で、しかも最近は高性能なターゲット用32口径オートが使われるのでますます使用者は減っていると思いますがそれでも日本の一般人が持っている数少ない拳銃です。

映画とかでは上記の通り制服警官が持っていることが多いですね。
有名なところだと「ジョーズ」の署長、「セブン」のモーガンフリーマン、「ダイハード」で黒人警官が、後は「パーフェクト・ワールド」で刑務官からケビン・コスナーが奪ったり……他にもチョロチョロ警官が持っています。「M19か?」と思ってよく見るとM15だったりするんでw



個人的には実はM19より好きな銃で、モデルガン化は大望でした。写真はHWSの(ここしか出してないケドw)のもので38口径シリンダーになった後期版です。これでバレルがちゃんとテーパーバレルなら完璧なのにw


ちなみにオイラの作中、サクラは手に取る事は歩けど使うことはないのでやはりサクラにとってはM10(M13だけどw)があるならそっちがいい、という事ですかねw まぁサイトが違うだけで性能的には変らないし、M10のほうがひっかかりもなくスマートなので結局は皆M10のほうが軍配が上がるンですよねwwww 実際のところM10は歴史も深く多くの警官や戦争で使われガバメントの次に愛着を持たれ世界中で使われているので格の違いですかねぇ〜 M10は今でもS&Wのカタログにあるしw


ということで今回も死神島シリーズでしたw







ユージのコルトNM45ハーフシルバー



コルト純正(と思われるw)NM(ナショナルマッチ)ハーフシルバーです。
……正しくはナショナルマッチ・コンバットエリートになるのかしら?w でもスライドはシリーズ70w
と考えると、やはりシリーズ70のNMのスライド、NMコンバットエリートフレームのニコイチカスタムというのが正解かなぁ…… グリップは見事にコンバットエリート仕様のコルトのラバーグリップだしw
45口径(45+Pのハイドラショック)使用で、マガジンは全て8rdのものを選択して使用しています。

ホールエッグハンマーとダブルセフティが明らかにカスタムした箇所かしらん?

黒のレザーで、昔のガルコのホルスターですw


……オイラってホルスターはガルコ好きよねぇ……w


ちなみにこれがなんでユージの銃かというと……ユージはほとんどの場合はDEがメイン、HRT用にユージコンパクトカスタムとあるわけですが、本部(ワシントンのほう)との合同捜査や、市警察出向の際は、DE44盛っていると怒られるときがたまにあるので(44マグを普通の捜査官は持ってはいけませんw警察の過剰と怒られますw)、そういうとき用は、このナショナルマッチをショルダーにいれて使用します。


そのあたりは一応弁えてるワケですねw

なのでこの銃のセットはユージのFBIのデスクの中に置いてあります。


ややこしいのは、ユージは実はオフでの趣味の射撃用に、フルサイズのガバメントのカスタムも持ってることですw しかもこっちもたまにオフで使ったりしますwwwwww

ユージは45口径も好きだなぁ……
まぁ45も基本8+1のマガジンを使用するので、DE44の8+1と同じ弾数なので実戦のとき計算しやすいというのがあると思います。


実銃のナショナルマツチですが、元々は1911と外見は変わらないタイプでしたが、シリーズ70になったときこの特徴的なイライアソンサイトとターゲットフロントサイト、クリスピーなワイドトリガーになるわけですね。口径は9ミリ、38スーパー、45。その後シリーズ80となり、ハーフシルバーのコンバットエリートシリーズ。40&10ミリのデルタ・ナショナルマッチ、マイナーチェンジシリーズ80とあり、その後ボーマサイトとなったナショナルマッチカスタムと続き絶版となります。

精密射撃用ということになってますが、いまではもっと豪華にカスタムパーツつけて撃ちやすい精度のいいマッチ用が他社(キンバーとかSFとかモロモロ)から出ているのでNMは影薄れてしまいましたが、まぁ……コルト純正で、かつノーマルガバとは一段ハイクオリティーなブランド銃というのが正しいかもw バレルもNMは特製、スライドとのガタも少なく、トリガープルもクリスピーで撃ちやすいので、オイラはけっこう好きだったりしますw ただ、ひつかかりそーなパーツがモロモロ入ってるのでヒップよりはショルダー向きかしら?w


実はさりげなーーーく映画でも時々登場してますw
有名なのはS・スタローンの「コブラ」(9ミリ)ですが……オイラが思い出せる中だと……
「追跡者」「リーサルウェポン4」「ゲッタウェイ」(リメイク)かしら……w


しかしユージは……ハンドガン規制がメチャクチャ厳しいNY市でどんだけ銃もってんだろw

サクラが持ってたパイソンPPCカスタム(鳩村パイソン)



さて、この銃は?
日本の昔の刑事ドラマファン&モデルガンマニアには有名な、「コルトパイソン4インチPPCカスタム」です〜

2009年度のカレンダーでサクラが持っているのがこのパイソンですw サクラが持つとえらくごつい銃に見えますw ……まあサクラが銃を持つと大体アンバランスですけどねwwwwwww

もしかしたらユージは元々ガンマニア&パイソンマニアなので案外特注で作らせてもってるかもしれませんがw ちなみにあのカレンダー、右ホルスターに入ってたのはいつものM13・3インチだったりするんですよねww
しかしサクラもパイソンが好きだなぁ……ミーハーだしなぁ……サクラも……


実際のところ、実銃のはパイソンの売りは「一級の性能と超一級の外観」で、その美貌?はパランスのとれたあの独特のバレルにあるわけですが、そのスタイルをなくしてしまったこのPPCカスタム。当時(テレビの西部警察時代のGUN誌)でも、

「実銃では存在しない(個人趣味としてはあるかもしれないw)カスタムですがw」と言ってましたw

ちなみにトルーパー版やオフィシャルポリス版はあるらしいです。むろん個人カスタムですがw
やはりパイソンはあの外観があってこそパイソンなんでしょーねw
しかしこのカスタム、前方が重くなるので…… パイソンの6インチはリボルバー(ノーマルでは)の中で一番絶妙に前後のバランスもとれてることも人気のひとつだし……そう考えるとやはりこのカスタムはヘンか?w


モデルガンマニアの中では「西部警察の鳩村(舘ひろし)の拳銃」ということで有名で、劇中かなり目立って使用され人気も高かったパイソンカスタムですw 90年代中ごろHWでタイトーから再販されましたが(この写真はタイトー版HW)、ABS版はプレミア……再販前だと10万オーバーが相場だったとかw


……そう考えると、実用性とか考えても、「西部警察の舘ひろしのカスタム」ということがなければ……「ナニコレ?」ということでかっこよくは見えないかもしれませんw ちなみにオイラは舘ひろし補正にかかっているのでこのPPCカスタムは好きですwwww


でもまぁこういうカスタムはS&Wで、コルトはオリジナルのほうが美しい……wwwww 







calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    佐藤君 (03/25)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    カドルト (01/08)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    ソルバルウ (01/03)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    サキューン (12/29)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    リョータ (12/25)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    まろまゆ (12/20)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    モグモグ (12/16)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    ちょーたん (12/10)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    ヘッド (12/07)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    ポコラーニャ (11/24)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM