スポンサーサイト

  • 2012.09.18 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)

 

もうなんかトコトンパイソンが好きやなぁ……wwww


ということでALではトビィ君、黒い天使ではユージが愛用しているコルト・パイソン6インチです。

トビィ君のはステンレスモデル+パックマイヤーグリップ付でしたね。

ということでトビィ君のほうをメインということで。
活躍はAL第一章の本当に初めですね。むろん元々トビィ君の銃ではなく、皆が使っていたキャンプ場の護衛用ということで管理人部屋に置かれていたものをトビィ君が借用して使い続けたわけですね。米国は自然豊かで野生動物が多いのはもちろん、キャンパーたちを狙った強盗の類も出るので銃を置いておくのはごく当たり前です。
本編みてみると、他にライフル、ショットガンなどもっていってますが、こっそりもう一丁リボルバーもあった(38口径)ことになってます。その後町の雑貨&銃砲店で武器を増やしたトビィ君たちですが、トビィ君はオートマチックじゃなくパイソンを使い続けたのは、多分過去にもこのパイソンを使って野外射撃をしたことがあった……かも……ですw 彼の両親は警官(保安官か)で、兄はヘリコプターの免許があり、しかもトビィ君もやったことあり、と言っていたので、このボーイスカウトでは野外射撃モコースに入ってたのかもしれません。 日本ではとっぴいな設定に感じますが米国ではそれほどおかしくない話です。


ということでトビィ君は最期までパイソンを使ってました。
そしてユージに助けられるわけですが、ユージにとってはパイソンは時宗君も使っていたもの、何かの呪いがあるんだろーか?w


そして黒い天使にいたってはユージの愛用GUNの一つになったりしますw
ユージの場合はブラック、グリップはコルト純正のラバーです。任務で使ったりプリンキング用にしたりと高級GUNなのに酷使してますw  多分ロイヤルブルー・フィニッシュの後期版かな? トビィ君のは恐らく中期版。パイソンはマイナーチェンジしてないようで実は時期によって精度が若干代わります。

シティーハンターのおかげで日本では4インチが大人気ですが、米国や一般的には6インチが一番人気です。もともとリボルバーは6インチがスタンダード版ですし、パイソンは6インチがバレルとグリップとのバランスが完璧といっていいほど完璧で、高精度のバレルが本領発揮するのも6インチです。そして見た目がなんといっても美しいwwww

生まれたのが1955年……もはや骨董銃にはいってしまいますが、6インチのパイソンであれば50mのマッチ箱を打ち抜く性能を誇ってます。半世紀前の銃で357という当時としてはハイパワーな弾でこの性能……というのは車とか家電では考えられないことですね。

とはいえ、他のリボルバーの倍の値段だったコルトパイソンw

今ではコルトも作っていないので、値段はさらに跳ね上がり、中古でも1200〜1500ドルとか……
パイソンだけは中古でも値段が落ちないという……まさに「リボルバーのロールスロイス」!w

ということで今では骨董美術品に属するパイソンを気分転換射撃用に使うユージ、そしてそれに習うサクラ…… 少なくとも自分が働かず使って、そして無くしたりするサクラは猛省するべきww

尚、パイソンの弱点と言われる「ねばっこいダブルアクション」ですが、これはコルトディテクティブやオフィシャルポリスでも使われてるシステムですが、さすがは別格パイソン、パイソンだけは他のコルトリボルバーにくらべて滑らかで、さらにガンスミスに調整してもらえるとすべるようなトリガーアクションになります。ただしS&Wのマッチしたトリガーと比べるとやはりクセがありますがw


サクラ「パイソンあたるよねー クセあるけど」


……サクラよ……6インチのほうなくしたら多分普段の3倍はボコられるゾww

ユージのコルトNM45ハーフシルバー



コルト純正(と思われるw)NM(ナショナルマッチ)ハーフシルバーです。
……正しくはナショナルマッチ・コンバットエリートになるのかしら?w でもスライドはシリーズ70w
と考えると、やはりシリーズ70のNMのスライド、NMコンバットエリートフレームのニコイチカスタムというのが正解かなぁ…… グリップは見事にコンバットエリート仕様のコルトのラバーグリップだしw
45口径(45+Pのハイドラショック)使用で、マガジンは全て8rdのものを選択して使用しています。

ホールエッグハンマーとダブルセフティが明らかにカスタムした箇所かしらん?

黒のレザーで、昔のガルコのホルスターですw


……オイラってホルスターはガルコ好きよねぇ……w


ちなみにこれがなんでユージの銃かというと……ユージはほとんどの場合はDEがメイン、HRT用にユージコンパクトカスタムとあるわけですが、本部(ワシントンのほう)との合同捜査や、市警察出向の際は、DE44盛っていると怒られるときがたまにあるので(44マグを普通の捜査官は持ってはいけませんw警察の過剰と怒られますw)、そういうとき用は、このナショナルマッチをショルダーにいれて使用します。


そのあたりは一応弁えてるワケですねw

なのでこの銃のセットはユージのFBIのデスクの中に置いてあります。


ややこしいのは、ユージは実はオフでの趣味の射撃用に、フルサイズのガバメントのカスタムも持ってることですw しかもこっちもたまにオフで使ったりしますwwwwww

ユージは45口径も好きだなぁ……
まぁ45も基本8+1のマガジンを使用するので、DE44の8+1と同じ弾数なので実戦のとき計算しやすいというのがあると思います。


実銃のナショナルマツチですが、元々は1911と外見は変わらないタイプでしたが、シリーズ70になったときこの特徴的なイライアソンサイトとターゲットフロントサイト、クリスピーなワイドトリガーになるわけですね。口径は9ミリ、38スーパー、45。その後シリーズ80となり、ハーフシルバーのコンバットエリートシリーズ。40&10ミリのデルタ・ナショナルマッチ、マイナーチェンジシリーズ80とあり、その後ボーマサイトとなったナショナルマッチカスタムと続き絶版となります。

精密射撃用ということになってますが、いまではもっと豪華にカスタムパーツつけて撃ちやすい精度のいいマッチ用が他社(キンバーとかSFとかモロモロ)から出ているのでNMは影薄れてしまいましたが、まぁ……コルト純正で、かつノーマルガバとは一段ハイクオリティーなブランド銃というのが正しいかもw バレルもNMは特製、スライドとのガタも少なく、トリガープルもクリスピーで撃ちやすいので、オイラはけっこう好きだったりしますw ただ、ひつかかりそーなパーツがモロモロ入ってるのでヒップよりはショルダー向きかしら?w


実はさりげなーーーく映画でも時々登場してますw
有名なのはS・スタローンの「コブラ」(9ミリ)ですが……オイラが思い出せる中だと……
「追跡者」「リーサルウェポン4」「ゲッタウェイ」(リメイク)かしら……w


しかしユージは……ハンドガン規制がメチャクチャ厳しいNY市でどんだけ銃もってんだろw

S&WM686 2.5インチ サクラの愛用その2



S&W M686ディスティングイッシュド・コンバットマグナム2.5インチです。嗚呼長いw

S&Wの基本357マグナム用フレームのLフレームで作られたマグナムがM586/686です。
Kフレーム(サクラちゃん愛用1のM13FBIスペシャルやルパンの次元のM19)は357マグナムを撃つには頼りなく、44マグナム、M27やハイパト357等のNフレームよりスリムに……ということで1980年に開発されたのがM586です。なんと作ってみたらびっくり、パイソンとほぼ同サイズ……スピードローラーからホルスターまで共用できるという代物w 

出た当時(今でもかもw)は「パイソンのコピー」と散々叩かれまくったワケですが、その性能とリボルバーでは最高のS&Wのトリガーアクションということで人気爆発……制服警官から私服警官まで愛用者が増えました。同じ性能のパイソンは……値段が倍以上ですしねw(見た目の美しさはパイソンが上だけどw)

海外ではステンレスで手入れの簡単なM686が人気があり、当初は4.6インチのバレルも91年ニスナブノーズのこの2.5インチ、3インチが加わりさらにカスタムサービスとしてキャリーコンプ、装弾数を7初にした「M686プラス」も出ました。

しかし2000年にはいつてからは軽くて丈夫な合金がでて新バリエーションがでたため人気はさがっちゃいましたがw 


このM686は、サクラがFBIスペシャル同様ユージからもらったものです。「月下の姉妹・前編」でサクラが使ってますねw サクラは基本リボルバーが好きなので、これも時々使ってます。ステンレスなので手入れも簡単なのでw ユージがサクラにプレゼントしたのは一説には、「勝手にパイソン持ち出されて無くされたくない」ということかららしい……ただしそれでもサクラは銃に関しては浮気モノなのでw コレはコレ、パイソンはパイソンと勝手にパイソンを持ち出すのはかわらなかったけどw


ということで映画でもテレビでもよく出てきます。
個人的には2.5インチのM686はタランティーノの「トゥルー・ロマンス」ですかね?w
不思議と4インチより2.5インチのほうは映画でチラチラみかけますw

日本ではM586のほうが圧倒的に出番ありますねw 「あぶ刑事」の鷹山刑事が使用してたのを代表に刑事ドラマでもヤクザ映画でも多様されてますしw(そのあたりはM586の時にでもw)


ちなみにあいかわらずサクラはこの銃を撃つときは357マグではなく38スペシャル+を装填してます。スナブノーズだから反動はワリにありますw そしてサクラ曰く「パイソンと使い勝手かわんにゃいー」とのこと。所詮サクラは素人シューターw


えだぴーカスタム・GM(ポーさんカスタム)ナッシュカスタムもどき

 AL 第一部で登場するえだぴーのガバメント・カスタムですーーーーー



結構ハデなカスタムですw

「あれ? この銃どこかで……」

と気づいた人もいるかもしれませんw

これは、海外ドラマ「ナッシュ・ブリッジス」のナッシュ・ガバをモチーフにしたコピー・カスタムです。
ツインポートカスタムですねw

「あれ? エダってガバメントカスタムなんて使ってたっけ?」


はい、使ってません。が、これから使います。
実はこの銃、正しくはニューヨーク編のポーさんが愛用していたものをえだぴーが譲り受けたものです。なのでえだぴー・カスタムであり、ポー・カスタムです。
ポーさんが「ナッシュ・ファン」で、ナッシュ・ツインポート・カスタムに憧れカスタム屋でカスタムしてもらったものなので精度はバッチリです。


カスタムの仕様ですが……()のほうはナッシュ・カスタムと違う点

ツインポートのコンペンセンサー
コルトベースのシルバーフレームとシリーズ70スライド(ナッシュのはシリーズ80)
エジェクションポート加工
ボーマサイト
フレームに滑り止めのチェッカリングがトリガーガードとグリップ部の前面
(ナッシュのはトリガーガードにパテ盛り加工)
ロングスライドストップとダブルセフティ(ナッシュのはキングスのダブルセフティ)
黒のホールエッグ・ハンマー
マガウェルとマガジンはマガジンバンパー付(ナッシュのマガジンはノーマル)
口径は9ミリパラベラムで9+1(ナッシュのは38スーパー)

えだぴーカスタムになった時リコイルバッファーを追加組み込み。



一見するとよく似てますが、こうやって書いて見るとワリと違いますねwww


ちなみに9パラにしたのはきっと元警官だったポーさんがオフで持ち歩くため、警察の仕様口径にあわせたためでしょう。コンプのせいもあって、非常に反動が軽く命中精度が高く設定されてて、12歳のえだぴーでも撃つことは問題ないようになってます。


……ただし重さは1.1キロあるので……えだぴーはガルコのパドルホルスターに入れて持ち歩きますが女の子には重いでしょうねwwwwww


実際、射撃訓練とか本当に非常時で撃つ事はあっても基本的には下げているだけでえだぴーは撃たず、お守りにちかいカンジですがw むしろ咄嗟にユージが拝借して難を逃れるーーーみたいなシーンのほうが多い気がしますwwww


ちなみにさりげにサクラもこの銃は気に入っているらしく無断拝借していくことが多いようなw
フラッシュの「月下の姉妹」でサクラが中・後編で使用しています。他にもユージとツーショットのイラストでもったりしているのでねもしかしたらえだぴーはこっそりサクラにあげたのかもしれません。


もしくはユージの趣味で米国にきたときユージも作って……サクラが無断使用しているのはそっちかも……


結構手のかかったカスタムなので……サクラが紛失させないことを祈りますwwwww

サクラが持ってたパイソンPPCカスタム(鳩村パイソン)



さて、この銃は?
日本の昔の刑事ドラマファン&モデルガンマニアには有名な、「コルトパイソン4インチPPCカスタム」です〜

2009年度のカレンダーでサクラが持っているのがこのパイソンですw サクラが持つとえらくごつい銃に見えますw ……まあサクラが銃を持つと大体アンバランスですけどねwwwwwww

もしかしたらユージは元々ガンマニア&パイソンマニアなので案外特注で作らせてもってるかもしれませんがw ちなみにあのカレンダー、右ホルスターに入ってたのはいつものM13・3インチだったりするんですよねww
しかしサクラもパイソンが好きだなぁ……ミーハーだしなぁ……サクラも……


実際のところ、実銃のはパイソンの売りは「一級の性能と超一級の外観」で、その美貌?はパランスのとれたあの独特のバレルにあるわけですが、そのスタイルをなくしてしまったこのPPCカスタム。当時(テレビの西部警察時代のGUN誌)でも、

「実銃では存在しない(個人趣味としてはあるかもしれないw)カスタムですがw」と言ってましたw

ちなみにトルーパー版やオフィシャルポリス版はあるらしいです。むろん個人カスタムですがw
やはりパイソンはあの外観があってこそパイソンなんでしょーねw
しかしこのカスタム、前方が重くなるので…… パイソンの6インチはリボルバー(ノーマルでは)の中で一番絶妙に前後のバランスもとれてることも人気のひとつだし……そう考えるとやはりこのカスタムはヘンか?w


モデルガンマニアの中では「西部警察の鳩村(舘ひろし)の拳銃」ということで有名で、劇中かなり目立って使用され人気も高かったパイソンカスタムですw 90年代中ごろHWでタイトーから再販されましたが(この写真はタイトー版HW)、ABS版はプレミア……再販前だと10万オーバーが相場だったとかw


……そう考えると、実用性とか考えても、「西部警察の舘ひろしのカスタム」ということがなければ……「ナニコレ?」ということでかっこよくは見えないかもしれませんw ちなみにオイラは舘ひろし補正にかかっているのでこのPPCカスタムは好きですwwww


でもまぁこういうカスタムはS&Wで、コルトはオリジナルのほうが美しい……wwwww 







ユージのバックアップその2・コルト・オフィサーズ


黒部のゆーちゃんのバックアップその2! 
コルト・オフィサーズ・シリーズ80・ステンレス  です!w


……なんかユージのバックアップ銃ばかりやなw こいつはどんだけバックアップを持ってるやらwwww

しかしこの銃はある意味見覚えがある人もあるかと思います。
「黒い天使 ルール2」で、ユージが使用していたものですね(^−^ 

嗚呼、なんか本編でちゃんと使用されているのを出すのはなんか新鮮だw 


ユージはフルサイズか、コンパクト系ガバを好むようで、HRT用のユージ・カスタムも一応コンパクトサイズですが、このオフィサーズはまったくの製品版で、装弾数は6+1です。ユージはこの銃をパンケーキホルスターか、もしくはインサイドパンツかに入れます。ホルスターの位置は右でも左でも抜けるようにほぼ背中の真ん中です。

実銃のコルト・オフィサーズですが、正確にはこのシリーズ80のものだけを「オフィサーズ」といいます。尚前期版と後期版があって、後期版は他のシリーズ80同様、ナショナルマツチのようにスライド上部とセレーションになってます。なのでユージのこのオフィサーズは前期版ですね。尚、同じ形で素材が違う、刻印が違う……と限定販売します。なのでそういうバリエーションは多いですw これがコルト商法wwww 

映画では……有名なのだと「ヒート」でアル=パチーノが使用したアイボリーグリップのカスタムですが、あれは正しくはオフィサーズではなくM1991A1コンパクト。
……ややこしい……(汗


あとはプチカスタムでスティーブン・セガールが「電撃」で使用してます。

コンパクトの45というと元祖は「デトニクス」になりますが、デトニクスより少しフレームが長いので握りやすく、振り回しも携帯性もいいです。SFやキンバー、あらゆる会社がかならずラインナップに入れる基本形ですねw

ただコルトの問題点はその値段(カスタムパーツとかついてなくても他のより割高w元祖というブランド名ですねww)と、素材的に重いことか…… ユージのもう一つのバックアップ、USPCとかグロック26と重さが変わらない……だけど6+1w 

まぁユージの場合はほとんど趣味ですしねぇ……


尚、GM系はユージは色々持っていて、(大人)エダぴーもこれとは別のカスタムを携帯してたり、サクラもたまに拝借したりしますが、大体拝借していくのはこのオフィサーズ(ユージは何丁もコレをもってマス)ですw

サクラ曰く
「小さいワリに反動ある。でも当たる。楽しい♪ あははははっ♪」

……でもあまり射撃は上手くないサクラであった…… 

篤志君のワルサーP38 ミリタリー



わーーい♪ ワルサーP38だーーー♪

ということで、銃を知らない人でも名前は知っているルパン愛用のワルサーP38 ミリタリーです。AL本編で、「流転」以降に登場する日本人音楽少年、篤志君の愛用銃です。もっとも拓ちんやユージと違って、彼の場合この銃を好んで愛用したんではなくて、たまたま仲間のバーナードが愛用していたのを引き継ぎ、その後は護身用と用いるだけで、拓、ユージたちのようにメインウェポンとして使用するわけではないですがw


まぁ……それでも今後のシーズンでは幾度か出てくるはずですw


ちなみに篤志君のワルサーP38はP1(戦後の改良版、西ドイツ軍仕様のP38)ではなくミリタリーです。ということで戦中モデルですね。

「射撃中スライドカバーが吹っ飛ぶ」という持病があるモデルです。
もっとも本編でそういうシーンはなかったので、おそらく戦中でも初期か中期の程度のいいものだったと思われます。

ワルサーP38というと、もう現代では骨董品扱い(おそらくバーナードはそういう骨董品を見つけ出した)ですが、ドイツ帝国が世界中を席巻したこともあり、実は裏社会とか第三国ではまだ現役だったり、マガジンなども手に入り安かったりします。むろん日本では押収ブツしかないと思うけどw 弾はミリタリー用のフルメタルジャケットならば作動も問題ありません。ポリス用とかのホローポイントだとジャムの確率が上がります。そう考えるとやっぱメインで使用するのはつらいか?w ちなみに篤志君はホルスターを用いずズボンに突っ込んでいるのは時宗君と同じですねw


篤志君は拓ちんルートのキャラですが、よく考えると篤志君の持っているワルサーP38の進化系統の一つが拓ちん愛用のベレッタM92FS……なんか面白いつながりですw

ユージのカスタムガバ・その1(HRT)



またまたカスタム・ガバメント45デスw
これは黒部のゆーちゃんのHRT使用のバックアップガバメントです。
拓ちんのカスタム・ガバの項でも書いたとおりFBIのSWAT(HRT)の制式拳銃は45オートですが、ユージは『バリケート・シューター(壁越し・壁壊し)用』ということで愛用のDE44をサブ・メインとして登録しています。(ユージはこれでの登録を逆手にとって普段の任務でも一応制式としてDE44を使っているワケですがw)

とはいえ一応皆との協調性も必要ですw(当たり前だ!)

ということで使用しているのがこのコンパクトのカスタム。
ユージの場合サブ・メインがDE44なので基本的にバックアップのバックアップなのでフルサイズの45オートを持つのは邪魔……ということでコンパクト・カスタムを持っています。それがこの「ユージカスタム」です。

見たとおり、スライドやバレルはSF(スプリング・フィールド・アーモリー)のV10オールシルバー。フレームはコルトコマンダー・カスタムと混血です。オフィサーズ・フレームではなくコマンダーフレームなので装弾数は8+1。
カスタムとしては

SFV10・オールシルバー・スライド。
パートリッジタイプのリフサイトとノバックサイト。
バースト製カスタムV10(6ポート)カスタムバレル。
コルト・コマンダーのフレームにカスタム3ホールトリガーとエッグタイプハンマー。
パックマイヤーのラバーグリップ。カスタムロングセクティ(シングル)
トリガーチューン(トリガープル1.8キロ)

ということで、バックアップどころか十分メインウェポンとしても使える性能。
これもたまにユージはオフ用にこれ単品で持ち歩いたりします。

ちなみにバックアップのバックアップですが、フル装填すると1.1kgと拓ちんのベレッタとほぼ同じwwww こいつ、バックアップの意味忘れてるのでわ?w
まぁ普段がフル装填2kgのDE44に比べたら……www

一般警察では「スチール製の銃は重くて携帯が苦痛」という理由でベレッタとかS&Wを敬遠してグロックやSIGをチョイスする人が多いのに……まったく真逆をいく男ユージ。

ちなみに「黒い天使 ルール2後編」で登場したユージのバックアップもシルバーのコンパクトですがあちらはノーマルのコルト・オフィサーズ45のステンレスなのでこれとは別です。

この銃はポートがついているので反動はやや軽いものの、マグポートから燃焼しきれない火薬カスが吹き出たりするので手をシッカリ伸ばして撃たないと弾に火薬カスが飛んでくるという危険もありますw ユージはバーストのカスタムバレルでやや前向きにガスが抜けるようにしてもらってるとのことですが腰溜めで撃つと火薬カスは襲ってきますねw


撃たせてもらったサクラ曰く

「これ欲しい!!」


……しかしこの銃はユージがFBIに登録しているのでサクラは持っていけないのであった……(ユージが捜査官としてFBIに届けを出している銃はサクラは持ち出し厳禁)

時宗クンのコルト・パイソン357 4インチ



久しぶりのALシリーズ……そしてメジャー銃、コルトパイソン357マグナム、4インチ・ロイヤルブルーフィニッシュです。


AL本編で時宗君が愛用している銃ですねw (黒い天使ではサクラもたまに使ってたりしますがw)
シティーハンターやバイオハザート等、おそらく銃に詳しくない人でも知っているパイソン。ある意味スーパーアイドル銃です。時宗クンがそもそもパイソンを使っているのも「カッコイイから」ということですからw

まぁ拳銃だけでALと戦い続けるわけではないので、確実に作動するリボルバーをチョイスするのは間違いではないですけどね。とはいえ時宗クンは大体リボルバーばかりを他にも2丁くらいは隠し持ってたりしますがw ただし愛用はあくまでこのパイソン。


時宗クンは日本でこのパイソンを手に入れてますが入手先は祐次のDE44同様、大使館のコレクター品からで、実は1965年製の「ビンテージ・ロイヤルブルー・モデル」というコレクターズ・アイテムで実際はバカスカとALを撃つのにはもったいない代物だったりする。時宗クンはあくまで「かっこよさ」を理由に愛用しているので実用的なラバーグリップではなくあくまで木グリ、最初の頃(中国大陸編)ではズボンに押し込んでいるが、日本に帰国した後はホルスターを使用(シャシンのショルダーホルスター)、後に米国編ではウエスタン・タイプのガンベルトを使用する……というカンジで完全にファッション感覚で愛用される。ちなみに357マグナムではあるが、実際は入手しやすい38スペシャルを使用していることが多かった。

実際のパイソンは1955年に開発された、コルト製リボルバーの最高級品シリーズで、バレルまでのびたバレルウエートとベンチレーテッドリブ、そしてため息がでるほど美しいブルーイング(表面処理)と見た目のかっこよさで大ヒットしたロングヒット製品。
基本は2.5、4、6インチで、80年代に8インチの「パイソンハンター」、3インチの「コンバットパイソン」が追加、そしてステンレ版も登場し、ステンレスも「スーパーウルティメイト・ステンレス」という他とはグレードがちがってます。そのせいか、ライバルであるM586(M686)やGP100、自社のキングコブラ等他の357マグナムリボルバーより倍の値段だった。そのせいか、昔米国の警官でパイソンを使用している人はある意味「カッコつけ」というか「ブルジョワ感」があったらしい。実際基本的にリボルバー全盛期の頃、米国警察では「S&Wかコルトかルガーのリボルバーを使用」というルールがあり、支給されたリボルバーはほとんどS&Wかルガーだったので、パイソンを持ってる人は自費負担だったわけですなw それでも熱烈なパイソンファンはいたらしい。
よく「パイソンは見た目だけ」という話も聞くが、確かにメカニズムは実は100年以上前のもので(オフィシャルポリスの発展)で、S&W等に比べて古いが、パイソンだけはやはり特別らしく、コルト・リボルバーの中では一番スムーズで、チューンナップすればPPCマッチに十分通用する性能がある。ただし「黒い天使」で祐次がこぼしていた通り、パイソンのトリガーアクションはクセがあるので、慣れる必要がある。

基本的にパイソンとM586(M686)はほぼ同じくらいの性能です。


違いは……パイソンのほうがはるかにカッコイイけど、値段も倍以上……そしてカスタムには向かない(だって見た目勝負のパイソンですから外見は変えると意味がないw)という点かしら?
とはいえ面食いガンマニア(ユージやサクラのことですねw)やコレクター、そして愛好者が多いのも事実。コルトのハンドガンで生産中止されることなく続いているのは基本ガバメントとパイソンとSAAだけである。(今ではパイソンは基本的に「パイソン・エリート」という名前で受注販売のカスタム販売になったけどw)

ちなみに写真はMGCのSRHWのパイソンでJOLちゃんのモデルガン愛用歴が一番長い愛用モデルですw

拓ちんGMカスタム(黒い天使版)



拓ちんのカスタム・ガバメントです。

「ハテ?黒い天使でも拓ちんはベレッタのはず?」
というかと思いますがそれは半分正解、半分違います。

ではこの銃は何かというと、これは普段用でもオフ用でもなく、拓ちんのもう一つの顔、FBI・NY支局でのSWAT(HRT・人質対応部隊)にサブ・チームとしてユージと一緒に所属しています。組織の順位は3つ目なので、「非常勤HRT職員」となりますかね……ちなみにユージも同じです。二人がメインのHRTでないのは戦闘力が劣るわけではなく、基本的に二人のメインは凶悪犯罪課の捜査官のほうにウエートがあるからです。

さて、HRTでは基本的にサイドアームは45口径で統一されています。実際はスプリングフィールドのカスタム、「ビューロー・カスタム」を使っているのですが、拓もユージもそれは気に食わなかったらしく(二人して贅沢な! ビューロー・カスタムは2000ドル近いカスタムなのに!w)、自前でガバメント45カスタムを使っています。

ということで、拓ちんがHRT任務時に使用するのがこの「拓ちんカスタム45」ですw

基本はコルトGM シリーズ80初期型。
バレルはバースト製カスタム・シルバーバレル。
ロングリコイルスプリングガイド。
ノバックサイトと、カスタムフロントサイト。
ハンマーはコマンダー・タイプ(少し穴が大きいカスタム物)とビーバーテイル。
ロング・セフティ(昨今珍しくダブルセフティーではないですw)
3ホール・カスタムトリガー+トリガーチューン有り(トリガープル1.8キロ)
マガジンはカスタム・ラバー・バンパー付。(8+1)
そしてヘレッツのスキップド・チェッカーグリップです。

……ということでけっこういじってますねw あとはチェッカリングいれたりしてます。
昨今めずらしいといえばラバーグリップではなくヘレッツの木グリを使ってる点ですかね。拓ちんはベレッタにも木グリなので木グリが好きなんでしょうねw リバルバーでは木グリは手が痛くなりますがオートではそんなに関係ないですしw
ちなみに25ヤードでワンホールするだけの精度はあります。


ということでめずらしい拓ちんカスタムでしたw
……次はユージのカスタムGMかしら?w

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    佐藤君 (03/25)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    カドルト (01/08)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    ソルバルウ (01/03)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    サキューン (12/29)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    リョータ (12/25)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    まろまゆ (12/20)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    モグモグ (12/16)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    ちょーたん (12/10)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    ヘッド (12/07)
  • トビィ君のパイソン6インチ(そしてユージのパイソン6インチ)
    ポコラーニャ (11/24)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM